50代男性サラリーマン体験談

キャッシング体験談

私は電子機器メーカーに勤務する50代の男性会社員です。25歳で結婚、35歳で念願のマイホーム購入をし、現在は妻と高校生と大学生の2人の男の子の4人で暮らしています。家のローンと子供たちの教育資金のために共働きで頑張っています。私の部署は出張が多く、月に数回は全国各地の営業所に出向いています。たまに仕事の都合で出張が長引くことがあり、出張費がかさむことが悩みの種でした。

ピンチヒッターとして利用

私の会社は出張手当が支給されますが、十分にもらえるわけではありません。出張先では食事代や取引先担当者との付き合いなど何かとお金がかかり、マイナスになることも多々あります。しかも給料日前の出張となると、お財布にあまりお金が入っていないこともあり、どうしても厳しいときに消費者金融からお金を借りています。お金が必要なときって、急なことが多いんですよね。私が普段利用している消費者金融は即日融資が受けられるところで、スマートフォンで24時間いつでも申し込むことができます。

短期での借入れがおすすめ

消費者金融というと金利が高いというイメージが強かったので、大手で有名な業者の中から低金利なところを選びました。最初は5万円ほど融資を受け、1週間後の給料日に一括返済しました。借入れをした業者が初めての方限定で無利息キャッシングを行っていたので、金利を支払うことなくお金を借りることができました。その後も何回かお世話になりましたが、他社よりも金利が低めで、なおかつ短期間で完済したので返済負担が少なくてすみました。業者によって同じ借入額でも金利が異なるので、できるだけ低金利の業者を選び、早めに完済することが大切だと思います。

心がけていること

スマートフォンでいつでも気軽にお金を借りられることは非常に便利ですが、お金を借りている危機感や罪悪感が薄くなってしまいがちです。借りすぎてしまって返済できなくなると妻や子どもたちに迷惑をかけてしまうので、最低限必要な分だけを借りるようにしています。また、給料をもらったらすぐに返済し、総支払利息をできるだけ減らすよう心がけています。

消費者金融を利用するようになってから、出張先からでもすぐにお金が借りられるという安心感が生まれ、ピンチのときでも冷静に対処できるようになりました。キャッシングは怖い、近寄りがたいなどマイナスイメージを持つ方もいるかもしれませんが、賢く利用すればとても役立つと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ