キャッシングに申込む時の必要書類は?

必要書類

今すぐお金が必要になり、「借りるぞ!」と急いで申し込んでみたけれど、必要書類が揃ってなかったとなると審査が進みませんし、お金も借りられません。急いでいるのになかなか借りられないと困りますよね。何が必要なのかちゃんと知っておけば、もしものときでも焦らずにキャッシングできます。

必要なもの

キャッシング申込みで必ず必要なものは身分証明書です。本人確認ができる運転免許証や健康保険証、パスポートのいずれか一点が必要です。外国人の方は、在留カードや特別永住者証明書など、外国人であることを証明する書類も用意します。借りたい金額が50万円以下であれば身分証明書だけで借りられ、担保や保証人、印鑑は不要です。びっくりですよね。ただし、借入希望額が50万円を超える時と他社での借入総額が100万円を超えている場合は、収入証明書も必要になります。収入証明書は源泉徴収票や給与明細書、確定申告書の控え、納税通知書のいずれか一点を提出します。収入証明書を提出することで収入が分かり、返済能力がどの程度であるかが明確になります。必要書類に関する詳細は、申込みの際に確認するとよいでしょう。

身分証明書の注意点

身分証明書には有効期限があるものがあります。例えば、運転免許証は定期的に更新に行きますよね。顔写真付きの身分証明書だからといって有効期限が切れたものでは本人確認はできないのでキャッシング申込みはできません。あまり海外に行かない人は、パスポートの有効期限をほったらかしにしたままということもありがちです。有効期限の切れたものを身分証明書として提示してしまうと、キャッシング会社によってはルーズな人ではないか?と判断されてしまい、審査に影響を及ぼしてしまうかもしれません。お金を借りるには信用が大切です。マイナスイメージがついてしまうと、なかなか払拭できないので有効期限のチェックは忘れないようにしましょう。

転免許証がない方は健康保険証やパスポートを提示すればよいので特に気にする必要はありません。ただし、健康保険証もない、パスポートもないという方は住民票を提示することも可能ですが、その他の補足書類の提出を求められるケースがほとんどです。主要な身分証明書を提示できないとキャッシング会社も貸与に慎重になり、最悪の場合、融資を断られてしまいます。いつでも気軽に利用できるキャッシングですが、必要書類について正しく理解した上で申し込むことが大切です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ